毎日のムダ毛処理にうんざりしている人も多いでしょう。自宅での自己処理は、お手軽ですがリスクも高いです。

低コストのカミソリや毛抜きは、埋没毛や毛嚢炎、色素沈着など肌トラブルを引き起こしやすいのがネックです。本当にきれいに脱毛したいなら、保湿や美肌効果も伴う、脱毛サロンや美容外科がおすすめです。脱毛サロンの主流はフラッシュ脱毛、美容外科ではレーザー脱毛が主流です。

どちらも黒い色に反応する光を照射させることで、毛母細胞を破壊します。毛には、毛が成長する成長期と成長が止まる退行期、毛が抜け落ちる休止期がありますが、成長期の段階で施術を行うと効果があります。

毛母細胞が破壊された毛は、1~2週間ほどで抜け落ちます。また毛母細胞はできますが、そこからは前よりも細い毛が再生されます。脱毛サロンや美容外科での脱毛は永久脱毛を表記しているところがあります。

本当の永久脱毛の意味は、脱毛後50年以上毛が生えてこない状態をいいます。しかしながら最新の脱毛機器でも50年以上経っていないので、それを証明することはできませんし、実際の永久脱毛は永遠に毛が生えてこないというわけではありません。

現在の永久脱毛の定義は、最後の脱毛から1か月後に毛が生えてくる確率が20%以下ということになっています。人によって脱毛の満足度は異なりますが、毛が生えてこない状態が長くなり、毛が薄く、また細くなることで満足すれば、それはその人にとって脱毛が成功したと言えるのです。