むだ毛がないと、肌がなめらかで、とても美しく見えるので、毛抜きで抜いている、という人もいますが、毛抜きでの自己処理では、埋もれ毛が生えてしまうことがあるので、注意が必要です。埋もれ毛は、毛を抜いた後に生えてきた毛が、皮膚の下で成長して、皮膚の表面に出てこれなくなることで起こります。人によってはかゆみを伴うことがあったり、毛が皮膚の下で伸びるので、気になってしまったりすることも多いようです。

埋もれ毛を、抜こうとして、表面の皮膚を破いて毛を取り出すことを繰り返していると、雑菌が入って腫れやすくなったり、色素沈着を起こしてしまうことがあります。埋もれ毛をなくしたり、色素沈着や肌荒れをしないようにするためには、医療脱毛を受けることがおすすめです。

医療脱毛を受けると、その毛穴から毛が生えてくることはなくなるので、埋もれ毛ができることもなくなります。医療脱毛をして、自己処理の刺激を与えなくなると、皮膚がきれいになって、肌荒れの心配が軽減します。また、光を使った医療脱毛を受けた場合、光の美肌効果で、肌に透明感がでて、毛穴も目立ちにくくなるので、自己処理よりもなめらかで美しい肌になることが期待できます。